屋根工事や電気工事で守られているHOMEに~便利HOME~

construction engineer

電気工事の資格

電気工事の歴史について

construction worker

電気工事は、主に電気工事士によって行われる工事となっています。電気工事士は第一種と第二種の二つの免許があり、それぞれの資格に応じて工事できるものが変わります。資格を持っていると、一般電気工作物や500kw以上の自家用電気工作物の工事をすることが可能となります。電気工事は正式な資格が誕生する前から行われていた工事となりますが、当時は知識や技術が十分ではなかったため、様々な工事トラブルが発生していたといわれています。家庭用コンセントの取り付けや、コンセントの増設などは電気工事が不要なので、資格は必要ありません。2008年12月には、本格的に電気工事士法施行規制が改正され、安全・安心が確保されるものとなっています。こうして現在でも、技術や知識が必要となる電気工事は、資格を取得している専門によって行われているのです。

今後も必要な職業となる

日本では、電気を使用する電化製品が、家庭では必ずと言って良いほど常備されています。最近ではインターネットの普及により、自宅にパソコンを導入している方も多い傾向が見られます。こうしたものは全て電気によって動かすことができるため、不具合で電気が使えなくなってしまうと生活ができなくなってしまうと考えます。自分で直せる程度のものだと良いのですが、電気を通す線などに不具合が起きた場合は、自分で直すことができません。こうした不具合も、知識や技術が豊富な電気工事士は直す事が可能です。今後も電気工事のプロは必要なものだと考えることができ、また、利用する方も多いと予測できます。無理に自分で直そうとするよりも、確実性のあるプロに任せるようにしましょう。